ブログBLOG

善玉菌(よかきん)の旅 久米島編Part8
2017.11.04

通勤感覚の宮崎出張の為、

またまた更新が空いてしまいました。

新規の養豚場様との

堆肥コンサルの営業でした。

契約になれば、更に日量取扱量が

大幅に増えることになりなります。

グループでの取り扱い「量」「質」

ともに日本一を目指していますので、

いいお取り組みが出来ればと思います。

 

今日の日本シリーズの結果が

気になるとこですが・・・。

どうなるやら。

 

 

さて、海外出張と同じくらい長編に

なってしまいました「久米島編」も

終盤となりました。

続きをアップさせて頂きます。

島でのランチを終えて、

空港へ向かう道中に

島の名産品「久米島紬」の

資料館&製造工場があり、

連れて行ってもらいました。

 

玄関には「久米島紬」の着物がステキな

モデルさんのポスターがお出迎え。

館内には沢山の展示物や、

歴史資料が展示されています。

館長さんのご厚意で

更に工場見学までさせて頂くことに。

先ずは、

原料を作る生産者を紹介しますと

部屋に案内されました・・・・・・。

部屋いっぱいに桑の葉があり、

何やら白いものが動いてます。

そうッ!

生産者とは「蚕」です!!!!!

初めて生きてる「蚕」見ました。

しかも、1匹も脱走することなく、

夢中で桑の葉食べてます。

いい働きです。

労働効率100%です。

そうして「蚕」が作った

「繭」がコチラっ。

これまた初めて触りました。

思った以上に弾力があり、

固かったことにビックリ。

これを熱湯につけてから

絹を引き出していきます。

できた絹は様々な染料によって

染色され、生地がつくられます。

もちろん、全部手作業。

染められた絹は

外で島の太陽と風で乾燥します。

この絹を職人さんたちが手織り機で

丁寧に織り上げていきます。

詳細な設計図があり、

その設計図の通りに、手作業で職人さん

たちが織り上げていました。

ベテランの職人さんたちでも

1日30cmくらいしか

できないそうです。

高いわけです。

島の伝統文化や歴史産業を

見学できた、

貴重な時間でした。

 

 

 

 

一覧へ戻る
PAGE TOP
PAGE TOP