ブログBLOG

仕事の報酬【善玉菌(よかきん)の旅 中国 集安(ジーアン)編Part9】
2018.02.23

昨日の夜、山形・新潟出張から戻りました。

天候もよく、飛行機・レンタカーの移動も

トラブルなく全て順調に終えました。

この出張はまた後日アップします。

 

では、中国ネタの続きを更新。

「集安(ジーアン)」3日目は朝から

EM(微生物資材)やEMぼかしの

仕込みの指導でした。

この建物の間の先に見える山は

「北朝鮮」。

この日の朝の気温もー20度・・・・・。

車を降りて猛ダッシュで

建物内に避難しないと、

肌が痛いは、

息は咽るは、

大変です。

建物内に入ると驚くほど快適な温度。

理由は前回のブログでもご紹介したコレ。

石炭を使った暖房設備。

ー20度以上の環境でも

この暖房設備があれば広い広い工場内は

軽装で過ごすことができます。

設備に近づいてみると、

石炭がよく燃えてます。

基本的には「北朝鮮産」の

石炭らしいですが、現在の国際事情で

中国国内のものを使用しているとの事。

倉庫には日本から輸出した「EM菌」や、

現地調達した「米ぬか」がたくさん!!

この日の午前中は、

「EMぼかし」を仕込むことに。

この会社の15名ほどの

農場長を集めて指導します。

まずは、準備から・・・。

次に「米ぬか」と「EM菌」を混ぜる為の

容器を並べて行きます。

「米ぬか」を規定量計測していきます。

最後に、仕込みに必要な「EM菌」を準備。

メスシリンダーで細かく計測して添加。

最初の意識付けが肝心です!!!!!

「米ぬか」に「EM菌」を投入。

あとは丁寧に混ぜる。

指導した通りに、

水分等を調整しながら

各自丁寧に仕込んで行きます。

混ぜた最終工程で

細かいメッシュで篩って、

粉状のものと粒状のものを選別します。

粒状のものは再度混ぜながら、

粉状になるまで何度も何度も仕込みます。

この細かさが「日本のモノ作り」!!!

将来的にはもちろん、

機械設備による大量生産を予定してますが、

先ずは基本中の基本である、

感性・感覚を使った人の手による仕込みを

徹底的に指導。

場内を動き回って、

熱血指導をしたので疲れました。

午後からは「EM菌」の

仕込みの技術指導もあり、

ハードスケジュールとなっておりました。

なので、お昼は外に出る時間が、

 

 

ない。

工場内で食べることに。

暖かい配達弁当を用意しているとの事。

午前中の熱血指導ぶりや、

若い農場長の士気を高めたことなど、

今日の仕事の評価は高いッ!(自己評価)

この報酬はスゴイことに、

昼からそんな豪華ランチは濃いなぁ、

・・

・・・

・・・・

・・・・・

 

 

超、質素。

 

 

 

 

一覧へ戻る
PAGE TOP
PAGE TOP