ブログBLOG

-21度との別れ【善玉菌(よかきん)の旅 中国 集安(ジーアン)編Part12】
2018.02.27

博多の朝は今日も快晴です。

午前中はお客様が来社され商談、

その後すぐに出発して、

またまた宮崎弾丸日帰り出張に出ます。

博多との往復約500kmと

宮崎県内移動を含めると

合計700kmですが、

ここまで頻繁だとこの距離でも

通勤感覚です。

 

では終盤に近づいてきた

中国ネタを今日も更新。

「最後の晩餐」の翌日は

今回の出張の総括としてクライアントの

本社で会議となりました。

「集安(ジーアン)」最終日も天気は

快晴でしたが、気温はこの日もー21度。

なかなか信じてもらえないレベルですが、

ホテルに迎えに来てくれた車の温度計で

真実を証明させて頂きます。

コチラ。

午前9時前でもー21度・・・・・・・・。

行ったことはありませんが、

今回の韓国のオリンピック会場の寒さは

理解できます。

震えながら9時からの本社での会議へ出席。

副社長室で幹部との

商談や事業計画などを

午前中いっぱい実施。

さすがは、中国一の

朝鮮人参製造・加工・販売会社です。

出されるコップも会社の宣伝が入ってます。

今年の事業の進展を約束して

本社を出て、

通化(トンファ)空港へ向かいました。

「満州鉄道」の踏切を超えて

「集安」の市街地とお別れ。

空港へ向かう途中の高速道路で

トイレ休憩を・・・。

山間部はより寒さを感じます。

車を出て、

トイレまでの数秒も耐えられない寒さ!

ここでもう一度、

気温をチェック!!!!!!!!!!

 

 

 

 

午後2時35分で気温ー21度。

と、いうことは・・・・・・・・・・・・。

観測場所が違いますが、

最低気温と最高気温がー21度・・・・・・。

納得の寒さです。

「集安」を出て2時間半ほどで

「通化(トンファ)空港」に到着。

チケットカウンターも数台しかない

田舎の小さな小さな空港です。

出発ゲートも2つのみ・・・・・・・・・・。

もしかして中国で一番小さいのでは??

土産物店では北朝鮮の民族衣装や食べ物が

多くあり、空港でも国境を感じます。

予定時刻になって、飛行機に搭乗。

ただ、

田舎の小さい空港なので

歩いて飛行機に

乗り込まなくてはなりません。

建物から飛行機までの

約300Mも滑走路ということもあり、

恐ろしいくらい冷たい横風が

体や顔に突き刺さります!!!!!!!

仕事も寒さもいろいろな経験をさせて

頂いた「集安」の夕日に別れを告げて

最後の目的地「大連(ダーレン)」へ。

「集安(ジーアン)」の皆様、

今回も大変お世話になりました。

4月の日本訪問を

楽しみにお待ちしております。

 

この後は、日帰り出張して深夜に帰宅。

明日の朝から「さざん華」を輸出している

「韓国」へ・・・・。

また、極寒の地です・・・・・・・・・。

 

でも、

仕事に感謝して元気に行って来ます!

一覧へ戻る
PAGE TOP
PAGE TOP