ブログBLOG

ノーベル医学・生理学賞を受賞した大村智さん
2015.10.06

微生物の研究でこんなすごい偉業を成し遂げた人がいたことを全く知りませんでした。
スキーで国体出場経験あり、研究をしながら病院建設、趣味で集めた美術品で美術館にして故郷に寄付、この人のことを知れば知るほど型破りで面白いです。
人向けの化学合成薬の研究が主流だった時代に、動物向けに狙いを定めて放線菌が作り出すイベルメクチンを発見。
発見した場所は趣味でよく通っていたゴルフ場というのがまたおもしろい。

この物質は家畜や犬に寄生するフィラリアなどの寄生線虫を駆除する作用があるばかりか、
オンコセルカという風土病や人のフィラリア感染症にも効果があることがわかり、アフリカを中心に約2億人の命を救ったといわれ、
その特許料だけで250億円にもなったそうです。

自然界における微生物や菌の可能性を改めて感じました。

一覧へ戻る
PAGE TOP
PAGE TOP