ブログBLOG

冬への準備
2018.11.13

昨日の小雨の天気から一転、

朝から秋晴れの博多の空です。

季節柄、仕事以外の会合や忘年会の

スケージュール調整が多くなってきて

なんとなく落ち着かない感じです・・・。

とは言っても平成最後の年末、

ペースダウンすることなく

このまま突っ走りたいと思います。

 

ではアップを。

熊本県泗水町の酪農の現場も

順調に稼働しております。

堆積発酵する牛ふんも

濃いこげ茶色になり

完熟堆肥へ向けて日々進んでおります。

堆肥舎の順調な稼働の証拠コチラ。

牛舎からの一次徐糞庫が

空の状態になることが

多くなってきました。

宮崎県都城市の繁殖・肥育の現場も

熊本同様に順調に製造・搬出してます。

気温が低くなったので昼間でも

堆肥から出る湯気もよく目立ちます。

ということで、

やっぱり、

ここも、

空っぽ・・・・・・・・・・・・・・・。

農繁期がまもなく終わり、

発酵条件が厳しくなる季節が

また今年もやってきます。

各現場で冬の堆肥センター仕様の

管理に切り替えてこの冬も

問題なく乗り越えたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る
PAGE TOP
PAGE TOP