ブログBLOG

雲南へ
2020.01.09

皆様、正月感覚からようやく

通常生活モードに

慣れてきた頃ではないでしょうか?

今年は久しぶりに大晦日と元旦を

ゆっくり過ごすことができたので、

私もありがたく

正月感覚を味わう事ができました。

去年の元日はコチラ。

 

それでは

全国20(万?)人の

TOMUSOブログファンの皆様

お待たせしまた

今年のブログをスタートさせて頂きますッ!

 

今年最初のブログは毎回濃い内容となる

中国出張をアップさせて頂きます。

9月は農業展示会で福州。

12月は有機肥料や有機栽培関係で

ベトナムが隣の雲南省へ行きました。

福岡からもちろん直行便はないので

上海浦東(シャンハイプードン)で

乗り換えて雲南省の

昆明(クンミン)空港を目指します。

福岡から上海までは約2時間。

上海浦東はトランジットで

何度も利用したことのある空港。

しかも今回の旅程は

福岡から昆明まで

同じ中国東方航空なので

福岡で預けたキャリーバックは

昆明空港まで自動で

乗り継いでくれるので

途中でピッキングの必要もない便利な移動。

はいッ、

いつも通り離陸後数十分で機内食。

珍しく、

なにやら紙袋に包まれています!?

中国の航空会社で初めて見た、

ちらし寿司が入った

和風な感じのお弁当・・・・・・・・・。

この数分後に

座席番号を間違えて

CAさんが私のところに

青島啤酒(チンタオピジュ【ビール】)を

持って来ました。しかも2本。

当然、

間違いだし、

出張初日だし、

午前中だし、

勤務中ということで

侍はぶれることなくこの啤酒を返品。

でもこの啤酒は国際線のサービスでタダ。

しかもキンキンに冷えてました・・・・。

 

 

 

飲んでませんよッ!!!!!!!!!!

 

 

そうして上海浦東空港に到着。

飛行機を降りてから

乗り換えの看板の方向を見ますが、

人間の視力ではこの建物のゴールが

全く見えない程の距離ですっ!!!!!

恐るべし、中国の巨大ターミナル。

1km以上軽く歩いて

ようやく昆明行きの乗り場に到着。

この乗り場で関空からのメンバーと合流。

乗り場の確認をして、

また一旦ターミナル中央付近まで

戻ってランチをすることに。

色々フロアを物色しまくって

この日はこお店に決定。

写真でメニューを選択して注文。

まあまあ、

こんなもんかという「ラーメン」でした。

同じものもう一つと、

別のメニューの3品を3人でシェア。

合計100元。日本円で1,800円程度。

安っ!!!!!!!!!!!!!!!!

とういうことで、

安いトコ専門担当の私が率先してオゴリ。

続いてこの日は

食後のコーヒーも私がご馳走。

侍はまたブレることなく、

いつもの「スターバックスラテ」。

たったこれだけご馳走しただけで

すっかり大物気分・・・・・・・・・・。

夜の会食や高いお店では

同行メンバー1番年下の特権を行使して

毎回、お会計時は忍びのごとく、

レジ付近から鮮やかに姿を消してます。

 

 

ここから雲南省昆明空港まで

約4時間のフライトとなります。

国内線で4時間とはッ!?!

やっぱり、中国デカしっ!!!!!!!!

 

 

続く。

 

 

一覧へ戻る
PAGE TOP
PAGE TOP