ブログBLOG

改善
2021.08.30

8月末になって天候が改善し、

ようやく夏を感じるような

日差しや気温になりました。

例年お盆明けには

秋の農繁期に突入しているはずなんですが、

今年はコロナに加え、

大雨、長雨の影響でかなり遅れています。

そんな中でも私たちの堆肥事業は

一瞬も止まらずに、

準備を整え進化を続けます。

宮崎の「完熟牛ふん堆肥 なの華」を

製造する堆肥センターに

荷崩れ防止ための透明ラップを

自動で巻いてくれる

とっても便利な機械を導入しました。

コチラっ!!!!!!!!!!!!!!

我々のグループの別の堆肥センターで

先行導入した物と同機種を導入。

すでに機能性や導入効果は確認済み。

自動の回転テーブルに堆肥を積んだ

パレットを載せてスイッチ押すだけで、

セッティング通りにきれいにラッピング。

なんとも、

便利でありがたい機械です。

ラップを巻くくらい、

簡単なんだから手作業でやればいいと

言われるかもしれませんが、

この作業を経験したことのある方は

わかりますが、

このラップ巻きを

手作業でやる労力の大変さは

尋常ではありません。

中腰で下から上、

折り返して上から下の繰り返し。

1m四方をグルグル回りながらの作業は

目が回って気分悪くなるわ、

中腰で体制も悪くて腰が痛いわと

若い人でも結構大変な作業です。

1つ2つなら手作業でも何とかできますが、

1日に何十パレットもこの作業をすると

精神的にも肉体的も壊れます・・・・・。

昔は私もよくこの作業を手伝っており、

このラップ巻きの大変さは

身をもって体験しております。

最近は、

持病のヘルニアと気管支炎を言い訳に

この作業があった場合、

見てないフリ

聞こえないフリをすることも・・・。

それぐらい大変な重労働なんです。

高齢化や人材不足の波は畜産現場にも

もちろん来ており

様々な労働環境の改善は

雇用の安定した人材確保や

新規人材募集には必須条件です。

同時に

販売拡大に伴う効率化や増産化にも

役立つすばらしい機械ですッ!!!!!

今後も販売拡大や品質安定に

必要な改善は実施して

グループ全体で共有して実行します。

 

ちなみに昨日、

車で買い物に行った帰りに

家に着いて何気に玄関に向かうと

新妻から呼び止められ、

2Lのお茶やジュース、

食品・ビールなどが満載になった

荷物を持って入れと

呼び戻されました・・・・・・・。

 

今後自宅での

私の処遇&地位の改善を

雇用主(新妻)に

強く訴えるつもりです。

 

 

一覧へ戻る
PAGE TOP
PAGE TOP