ブログBLOG

国境での仕事【善玉菌(よかきん)の旅 中国 集安(ジーアン)編Part10】
2018.02.25

昨日は宮崎日帰り弾丸出張。

宮崎県川南町の酪農家さんと

新規の堆肥コンサル契約を

させて頂きました!!!!!!!!!

また、「なの華」製造現場が増えました。

今月は、養豚1件、酪農1件と契約が増え、

日量の取り扱い畜産糞量がまたまた増大。

忙しくなりそうです・・・・・・・・・。

進捗はまたレポートします。

 

では今日も中国ネタの更新を。

想像を超えた質素なランチ後は

「EM菌」の培養のレクチャーです。

工場内には専用のスペースが

確保されていて、

培養タンクも設置済みでした。

「EM菌」は日本からの輸出品ですが、

培養に必要な「糖蜜」は現地調達しました。

気温の考慮や使用目的に応じた

この工場専用レシピを作成して、

若い農場長たちに

徹底して指導させて頂きました。

3時くらいの休憩時間に工場の敷地を散策。

広い工場の敷地の端まで行くと、

「中国」と「北朝鮮」の国境施設が

すぐ近くに見えます。

この施設は、車や人が通行する国境で、

このすぐ近くには鉄道の国境もあります。

工場の建物から直線距離で

400・500Mくらいでしょうか・・・。

別の場所にも移動。

建物の向こうに見える山は「北朝鮮」。

やっぱり近いッ!!!!!!!!!!!

叫べば声は絶対聞こえる距離。

人影がちらほら確認できますが、

もしかしたら軍人さんかも・・・・・。

あまり調子に乗って

不審な行動していると・・・・・、

 

 

 

 

となりそうなので、

建物内へ早々に引き上げました。

完成したばかりの乾燥ブース。

ここだけでも

サッカーコート1つ分はあります!!!

通りかかった別の部屋では

選別の作業中でした。

超貴重な「朝鮮人参」がズラリと。

将来、私たちの

「EM菌」・「さざん華」などの

製品や技術でこの「朝鮮人参」が

できると想像するとワクワクします!!

休憩後も「EM菌」の仕込みを

繰り返しレクチャーさせて頂き、

この日のミッションは終了。

この後は、

「集安(ジーアン)」で最後の晩餐です。

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る
PAGE TOP
PAGE TOP