ブログBLOG

自然農法
2016.02.13

自然農法とは、耕さない、肥料や農薬を用いない、草や虫を敵としない農業のことです。
畑に必要最小限の手間を施して収穫を頂きます。
自分が自然界に生かされているのだと実感できる、理想的な農業だと思います。
ただ、趣味でやってみて思うのは、この方法で生計を立てるのは相当むつかしいだろうなということです。
よって自然農法とは農業技術というよりもむしろ生き方の哲学だとおもいます。
化成肥料で作るものよりみすぼらしいことが多いので、自分は自然農法にEMとさざん華堆肥を組み合わせています。
また、雑草も結構生えっぱなしなので、きれいに管理している方からは嫌がられているかもしれません。

image001 image002

右が私の畑で、左が雑草をしっかり排除している方の畑です。
あまり草をとりすぎると、作物に虫がきやすくなって農薬が必要になるでしょうし、土地がやせてしまうような気がします。
昨年12月から草取りをしたのは1回のみです。作物のまわりの雑草だけ取り除き、さざん華で追肥を施しました。
豆類には支柱をたててネットを張るくらいでしょうか。あとは収穫まで何もする予定はありません。

一覧へ戻る
PAGE TOP
PAGE TOP