ブログBLOG

力と技
2021.02.22

ここ数日の博多は日中20度を超えて

暖かいポカポカ陽気が続いております。

春がすぐそこまで来ている感じです。

憎いコロナと、

鳥インフルエンザの脅威が薄れるまで

もう少しの我慢です・・・・・・・・・。

 

昼間は暖かい日が多くなった

今日この頃ですが、

朝はまだまだ冷え込む日があります。

私が水処理事業や堆肥事業で

毎週出入りしている宮崎県都城市は

盆地なので夏暑く、冬が寒い。

都城の朝は今でも1度とか0度。

真冬は氷点下になることもしばしば・・・。

前日も早朝現場に向かっている途中に、

遠くの建物からモクモクと

煙が沸き上っている

景色に気が付きましたッ!!!!!!!

きっと知らない方が見ると、

山火事?!建物火災?!

温泉?!

と思うくらいモクモクと煙が

次から次に立ち昇ります・・・・・。

建物に近づくにつれて

煙の量が大きく見えます。

朝の冷え込みで余計に激しく見えます。

この煙の正体は?

 

 

ハイ、これが

私たちの仕事の成果、

堆肥の発酵エネルギーっ!!!!!!!

先日のブログでも

お話しさせて頂きましたが、

畜糞の水分や比重を調整して、

空気を送り発酵条件を整える事で、

牛・豚・鶏、どんな畜糞でも

70度以上の高温で好気発酵しますッ!

まさに堆肥の魔術師ッ!!!!!!!!

この気温下でも

これだけ堆肥を発酵させる

微生物の力には脱帽です。

 

あと、

この技術にも脱帽です。(自称)

 

 

 

 

一覧へ戻る
PAGE TOP
PAGE TOP