ブログBLOG

梅雨でも本領発揮
2021.07.17

梅雨明けしたのに

毎日スコールのような大雨が

瞬間的に降る九州各地です。

先週も宮崎県都城市を移動中に

突然の雷と大雨。

住宅地を抜ける幹線道路は

一瞬で冠水して側溝から濁った水が

吹き上がりちょっとしたパニックに・・・。

宮崎から博多に帰った日も

博多には大雨洪水警報が発令さるなど、

なんとも梅雨明けを感じられない日々です。

そんな中でも

九州より先に梅雨明けした

沖縄向けの出荷は

今年も順調に進んでおります。

袋詰めの「完熟牛ふん堆肥 なの華」は

既にこの大型倉庫に

約200パレット(10,000袋)が出荷待機。

この大量の製品も大型トレーラーが

週に8台のペースで鹿児島の港から

沖縄本島・各離島へと出荷していきますので

あっという間になくなり、

次から次へとストックが必要になります。

一方、別の農場では

「混合堆肥 華みずき」のフレコン仕様が

出荷の最終段階で袋同様に

鹿児島の港を出港して

南大東島へと運ばれて行きます。

今年は異常に早い梅雨入りから、

梅雨明けしてもなかなか天候が

安定しないので非常に計画や実行が

難しい年となりましたが、

九州と沖縄の梅雨時期の差を

見越しての堆肥製造や出荷は

今年も堆肥コンサル事業の成果として

畜産企業様からの

絶大な信頼と実績となります。

梅雨時期や冬季、

「出ない時期に出る」。

これぞ堆肥コンサルの極みッ!

一覧へ戻る
PAGE TOP
PAGE TOP